忍者ブログ
適当ツール説明
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ローカルファイルに対するアクセスルールが厳しいらしく、
単体で表示できるものはいいが、
他のローカルファイルを読み込んだりするようなものは、
普通には見れないらしい。

chromeの起動オプションに
-allow-file-access-from-files
をつけると、それが解除されるらしい。

具体的には、chromeのショートカットのリンク先の欄に次のように付け加えて起動。
"C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\Application\chrome.exe" -allow-file-access-from-files

その他オプションもイロイロあるらしい。
詳しくはchrome.half-moon.org/このあたりで・・・

PR
xmlで、複数のスタイルシートが使いたくなり、
スタイルシートの切り替えとかやってみようとしたが、
面倒だったり、ブラウザにより、挙動がおかしかったりしたので、
大本のデータはを読み込む別々のxmlを作成することにより、対処しよう。

大本のxmlをsample.xmlとして、
sample1.xsl、sample2.xslを準備し、
それに対応するxmlをsample1.xml、sample2.xmlとする。

・sample1.xml
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE ROOT [
<!ENTITY origData SYSTEM "sample.xml">
]>
<?xml-stylesheet type="text/xsl" href="sample1.xsl"?>
<ROOT>
&origData;
</ROOT>

 
こんな感じで、記述して、
sample.xmlは、
<!DOCTYPE ○○>
<?xml-stylesheet type="text/xsl" href="○○.xsl" ?>
の部分をとっぱらって、
sample1.xslは、これまでのルートにさらに上のノード?ROOTを追加して記述する。
(sample.xmlのルートノードもとっぱらえば、
xslの記述は変えなくて済みそうだが、
現在使っているxmlエディタが、
ルートノードがないとエラーになるので、
このようにした。)

sample2も同様にすれば、
ブックマークに登録するなり、
2箇所にリンクをはるなりすれば、
JavaScript等使わなくても、
ひとつのxmlに対して、複数のxslが使えるようになった・・・

<a href="index.html">インデックス</a>なのを実現するには、
xslで次のように記述

<a>
<xsl:attribute name="href">
index.html
</xsl:attribute>
インデックス
</a>

  • <BR />で改行
  • <a href="http://www・・・">どこそこ</a> みたいなのを実現するには、xsl:attributeを使用


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R